ジャズピアニスト

CA3C0010.jpg
1965年、京都府出身。学童期にエレクトーンを始め、13才でピアノに転向する。
高校卒業後、東京コンセルヴァトアール尚美にてジャズに出会い、
ジャズピアニスト西 直樹氏、サックスプレイヤーMALTA氏に師事。
帰郷後、ソロ、レッスン、自己のバンドで京都府中部以北、近県のイベント等で活動。
2000年8月舞鶴赤煉瓦サマージャズ2000に出演。
2004年8月第16回『星空の街・あおぞらの街』全国大会in京丹後にて、テーマ曲~光る風にいだかれて~を自作自演。
2004年11月アルバム『Soleada』を発表。
2008年5月より活動拠点を福知山市立原に移し『音楽館・楠堂』にてピアノレッスンとピアノライブを開いています。
2009年3月シングルCD『桜の誓い』を発表。
2011年 7月 Summer Jazz 2011福知山を開催。
2012年10月 MALTAカクテルライブ2012福知山を開催。MALTA氏との師弟共演。
2014年11月音楽館・楠堂主催「くすのきふれあいコンサート」を開催

郷ちぐさ(元宝塚雪組トップスター) 高野正幹(ts) 日高典雄(tp) タイガー大越(tp)
小林エミ(vo) MALTA(as) 入江美佳(as) 山口武(g) 村上"Ponta"秀一(ds)
等と演奏の機会をいただき貴重な経験を積む。


楠正成公相続人楠家直系27代当主

img006.jpg
私は、楠正成公相続人楠家直系27代当主、美市川善久と申します。
2007年に父である先代の死去にともない当主とならせて頂き、美市川と名乗らせて頂きました。

美市川とは、市川が家名でありますが、江戸時代に徳川三代将軍家光公より「湊川にて戦死せし楠正成公の子孫なる事を記憶して忘れざらん為に湊川の始めの音(み)と、抜群の美名を輝かしたる楠の本家たる事を忘れざらんが為にその美名の「美」とを兼ねて記憶せよ」と、市川の上に『美(み)』を賜りました。

美市川』とは、楠木家の直系の証として、また楠木正成公の志を受け継いでいきなさいと徳川三代将軍家光公の命によるものです。
美市川家が楠家の直系であることは、孝明天皇、明治天皇、大正天皇もご存知でおられました。

私欲も我も無く、和を願いひたすらに世の為他人様の為にと真を尽くした楠正成公の精神、志を受け継ぎ、『天地和合』の『恒久平和』の世を成就するため日々精進し邁進いたします。

2012年12月8日に七代目五左衛門を襲名。
美市川 五左衛門 善久となれり。